モロヘイヤ
モロヘイヤ

栽培の盛んなエジプトでは細かく刻んで煮込み、とろとろのスープとして食べられています。栄養価が高く、カルシウム、カロテン、ビタミンB、C を含み、抗酸化作用も期待できます。おひたしのほか、炒めて肉料理の付け合せにも。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

おかひじき
おかひじき

海岸の砂丘などに生え、見た目が海藻のひじきに似ているので、この名がつきました。ほうれん草と同じアカザ科の野菜。色合いもきれいな緑で、おひたしやあえ物、サラダにぴったり。しゃきしゃきとした食感もお愉しみください。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

コールラビ
コールラビ

キャベツの変種で茎が小かぶのように丸く、葉が小さいのが特徴。ドイツ語でコールがキャベツ、ラビがかぶの意味。キャベツに似た風味で、柔らかく甘みがあり、みずみずしい。サラダや漬物、炒め物、煮物など様々な料理方法で。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ゴーヤ(にがうり)
ゴーヤ(にがうり)

独特の苦みと歯ごたえ、また夏バテ予防効果もあるゴーヤ。豚肉と豆腐、卵で炒めた沖縄名物ゴーヤチャンプルーが有名ですが、おひたしや漬物にも合います。ビタミンC など水溶性ビタミンを多く含み、夏の頼もしい野菜です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

みょうが
みょうが

しょうが科のみょうがは、かつて「妹香(めか)」と呼ばれ、しょうがは「兄香(せうか)」と呼ばれていたようです。農家の庭先などに自生し、その香りは、発汗作用や消化促進などの効果があるとされ、日本の夏の料理には欠かせない野菜です。薬味はもちろん、味噌汁、サラダ、天婦羅などにも合います。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

page top