赤たまねぎ
赤たまねぎ

たまねぎには辛たまねぎと甘たまねぎがあり、硫化アリルを少ししか含まないのが甘たまねぎ。この甘たまねぎからの改良品種が赤たまねぎで、甘くてみずみずしいのが特徴。辛みが弱いので生でサラダでご賞味ください。ちなみにインドでは赤たまねぎが主流で、これでカレーをつくるそうです。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

たまねぎ
たまねぎ

火を通すと 甘さが際立ち、比較的すぐに柔らかくなります。他の食材との相性も良く、様々な料理にも合います。通常食べている部分は、実は根ではなく葉の重なったもの。収穫後、乾燥させてから出荷します。ただ新たまねぎはあまり乾燥せずに出荷するので貯蔵性がなく、早めに召し上がってください。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

アンデスレッド
アンデスレッド

皮が赤く、中は鮮やかな黄色の品種です。甘みが強く、味わいが濃く、滑らかな舌触りです。ポテトサラダや肉じゃが、またシンプルにじゃがバターに。ベータカロテンを他のじゃがいもより多く含んでいます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

ごぼう
ごぼう

世界中でごぼうを食用栽培しているのは日本と朝鮮半島だけです。初夏に収穫される新ごぼうは香りが良く柔らかいのが特徴。そしてごぼうの旬、晩秋から冬にかけては、旨みが一段と濃く深くなり、お節や煮物などに欠かせません。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

つるむらさき
つるむらさき

暑い季節が旬で、栄養価の高い野菜です。カロテンが豊富で、ビタミンC、K、葉酸、カルシウム、マグネシウムなども含まれています。おひたしや味噌汁の具、また中華料理、ベトナム料理にもよく使われます。夏バテ予防にも一役。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

page top